楽しめるのは小さなうちだけだから!子供服を選ぶときに気にすべきポイントなどを紹介します

あっという間に子供は大きくなってしまいますし、子供服などは小さくなってしまいます。また異次元の少子化ではありますが、まだまだきょうだいのいるご家庭も少なくありません。色違いなどできょうだいそろってコーディネートしてみたりして楽しめる時期です。年賀状用に写真を使う場合には、日頃から子供服をそろえた「きょうだい写真」を撮りためておくと冬に慌てずにすみます。購入の際は、やはり何といっても動きやすさや着心地が、この時期は重要になります。

サイズの大きな子供服を選ぶメリット・デメリット

子供の成長は早く、丁度良いサイズの子供服を購入してもすぐにきつくなり着られなくなってしまいます。そのため、サイズの大きな子供服を選ぶ方が増えています。メリットは何と言っても末永く使用し続けられることで、成長を重ねても余裕を持って着用できます。大きめだと感じている時にはラフな着こなしをして、成長すればジャストフィットするという、1着でいくつものスタイルを楽しめるのも嬉しいところです。一方、デメリットがあるとすれば、ラフな着こなしが似合う方であれば問題ありませんが、似合わない場合はだらしない印象になってしまいかねません。世間の目もあり、節約のために大きめのものを購入したのを悟られてしまうのも親御さんの人間関係のリスクです。また、袖や裾が余ることで動きにくくなったり、引っ掛けて転んでしまえば怪我のリスクもあります。これらの子供服を選ぶ際にはコスト面だけではなく、メリットやデメリットも勘案して検討するのがおすすめです。

子供服はできるだけピッタリの方がいい理由

子供服は、できる限りピッタリとしたものを選択することが大切です。理由としては、以下の2つが挙げられます。まず、安全性の問題です。子供服が大きすぎると、その子が運動などを行う時に転倒や怪我の原因になってしまいます。服がめくれ上がってしまってそれが他の部分に引っかかって、事故の原因に繋がるからです。ですから、できる限り子供服の場合はピッタリのサイズのものを選択した方が良いということが分かります。同様に、動きやすさという観点からもサイズに注意をしなくてはいけません。そもそも、子供服というのは大きすぎると行動範囲が限定される可能性が高くなるからです。大人のように力があるわけではないので、服の重さによって動きやすさが大きく異なる可能性が出てきます。安全に動けるようにするのはもちろんですが、子供が快適に動くようにするためにも適度なサイズ感にしておかないと生活の行動に支障を生じさせる可能性が出てきます。これら2つの観点を、必ず理解しておかなくてはいけません。

子供服は機能性で選ぶ場合の注意点

子供は外で活発に動き回ることが多いため、直ぐに大量の汗を掻いてしまったり酷い汚れを付着させて帰ってくることが多いので注意が必要です。また、快適に動き回れるようなサイズ感がぴったりの子供服を着させるようにしないと、裾が引っかかって躓いて怪我をする原因になってしまったり、生地が合わないことで肌トラブルを引き起こす可能性もでてくるので気を付けるようにしましょう。子供服を機能性で選ぶことは非常に大切になってきますが、それのみで選んでしまうと安全性に繋がらなくなってしまうこともあるので、機能性だけではなく同時に素材に関しても注意深く見極めながら選ぶことが大切になってきます。特に最も大切にしたいことは、伸縮性が高くて汗を直ぐに蒸発させてくれるような吸汗速乾性があること、デリケートで刺激を受けやすい肌質であってもかぶれる心配がないコットン素材を多く使用した子供服にするのが一番良いので、それらを基準に購入してみてください。

子供服をデザインだけで選ぶ時の注意点

人に見せても恥ずかしくないようなデザイン性の高い子供服を選ぶことは非常に大切ですが、見た目の良さだけを重要視して肝心の機能性を考慮しない買い物をしてしまうと後で後悔することになるので注意が必要です。もちろん可愛くて素敵なデザインをしている子供服を率先して買うようにすることは非常に大切なのですが、子供が着た時に首元などが強く締め付けられて窮屈に感じる心配がなかったり、汗を掻いても衣服の中に熱気や湿気がこもって汗疹やニキビの原因になることを防いでくれるような機能性が備わっていることが大切になります。それと、子供はかなり活発で忙しく動き回ることが多いため、手や足を簡単に動かしていけるような伸縮性の高い時期を使用していることも非常に重要になってきます。子供服は使用されている素材や生地によって着用感が大きく変わってくることが多いため、通気性や吸湿性が高くて伸縮性も十分にあるものを積極的に選ぶようにしていきましょう。

季節による子供服の素材選びの違い

子供服に使われている素材にはさまざまな種類があり、季節によって選び方の違いも生まれてくるため、素材別の特徴をしっかりと把握しておく必要があります。子供服の定番である綿は夏の暑い時期におすすめの素材で、綿は耐久性が高いことから繰り返しの洗濯でも強度を保つことができるので、汗をたくさんかく暑い時期に重宝します。さらに肌触りや吸水性も良く、乾きやすいといった特徴も持っているため、あらゆる場面で活躍できる素材といえます。乾燥しやすい冬の季節におすすめなのは、ふんわりとした柔らかさと滑らかさが特徴的なスムース素材で、伸縮性と程よい肉厚感に加え保温性にも優れているので、寒い時期のインナーにも重宝されます。また、吸水・吸湿性があるパイル素材も冬に最適で、柔らかい肌触りなので敏感肌の子供でも安心ですし、パイル素材自体がラフな印象を加えることもできるので、コーディネートに取り入れるだけでお洒落な雰囲気を演出することができます。

子供服に求めるリサイクルという考え方

昨今では環境負荷の低減や持続可能な社会が求められる時代となり、それらは日頃から身に着ける衣服にも採用されるようになりました。特に子供は成長が目まぐるしいことから購入した子供服のサイズはすぐに合わなくなり、そのたびに捨ててしまうのももったいない話でした。そんな中で子供服にもリサイクルという考え方が求められ、多くの人々にとって好循環を生み出しています。成長と共にサイズが合わなくなった子供服はリサイクルに回収され、状態の良いものはクリーニングが実施され、破損があるものは修繕したりリフォームを施すなどして新たな子供服によみがえります。それらはリユース品として販売され、次に購入したお子様のために役立てられます。自身には不要なものであっても、他の誰かには今必要なものとして有効活用され、心のこもった循環が成立しています。将来的に捨てるのではなく利活用されると思えば大事に使うようになり、物を大切にする心も育みます。

子供服をリユースするための注意点

子供服は、成長が早くてすぐにサイズアウトしてしまうもの。そのためリユースすることで無駄な資源を減らし、環境に配慮した生活を送ることができます。子供服をリユースする際には、いくつか注意点があります。それは、汚れや破損はないか確認することです。子供服は汚れや破損があると再利用されにくくなります。寄付や販売をする前に汚れや破損がないか確認するとよいです。汚れは洗濯やクリーニングで落とすことができます。破損は縫い直したり、リメイクしたりすることで、再利用することができます。季節に合っているか確認することも大事です。季節に合っていないと、着る機会が少なくて保管場所にも困ることがあります。名前や記名は消しておくことも重要です。名前や記名が残っていると、次に着用する相手の子供が困ってしまう可能性があります。できるだけ消しておきましょう。相手に送ったり、譲ったりする際にはキレイに折りたたんで収納や梱包をします。そうすることでかさばらず、持ち運びやすくなります。

子供服をシェアするという仕組みについて

子供服の中でも年に数回程度の行事の時だけ身に着けるために、高額なハイブランドの製品を購入するのはもったいないと考える方が多いほか、子供の成長は早いことからすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そんな中で複数のユーザーでシェアをする方が増えています。これらは個人間で行うケースもあれば、専門のサービスを利用する方法があります。まずはお金を出し合って相談し、ハイブランドの服を購入します。気に入ったデザインのものや、双方の子供にとって丁度良いサイズのものを選びます。サイズに違いがある場合は、ストラップで調整できるものや伸縮性のあるストレッチ素材を採用したものであれば、ある程度は対応できます。後はスケジュールを調整して、着用したくなった時に利用できます。このような方法が行えるのも比較的身長差が少ない子供の時代だからこそで、子供服のシェアが気軽にできる貴重な年代です。節約をしながらハイブランドの服を身に着けて、素敵な思い出を作る方が増えています。

子供服は修繕して使い続けることができる

子供は成長が早いので服もすぐにサイズアウトしてしまうことも多いです。そのため、子供服は安価なものを大量に購入することが多いかも知れません。しかし、修繕すれば、子供服を長く使い続けることができます。子供服の修繕には、大きく分けて3種類があります。サイズ調整とほつれ・破れの補修、そしてリメイクです。子供は成長のスピードにより、1シーズンでサイズアウトしてしまうことも珍しくありません。成長に合わせて、ゆったりとした大きさや体に合ったサイズに調整することも必要になるケースもあります。大きさの調整には裾上げや袖丈詰め、脇詰めなどがあり、専門店に依頼したり自分で行うことも可能です。子供は活発に動き回るため、ほつれや破れが起こりやすいです。ほつれや破れは、早めに補修することで、服を長持ちさせることができます。洋服は子供の好みが変わることも珍しくありません。そんなときは、リメイクで新しい服に生まれ変わらせるのも一つの方法です。好みのデザインにリメイクして愛用することができます。

子供服 通販に関する情報サイト
子供服を選ぶときのポイント

子供服はサイズ的に通常ずーっと着続けられるものではありませんが、それだけに楽しめる機会も多いというメリット的な側面もあります。ブランドなどよりも子供本位に堅苦しさのないものなどを選んであげる一方で、デザインや色などは柔軟に考えます。大きくなったら自分の好み以外は着てくれなくなる子供が大多数なので、きょうだいがいるなら、この時期にトータルコーディネートでバランスをとったりして、この時期ならではの楽しみ方ができるのも長所です。

Search